カナガンは子猫でもOK!食べさせる量にだけ注意して!

カナガンキャットフードは全ライフステージ対応なので子猫でも大丈夫です。

 

ただし、2つの注意点があります。

 

すぐにフードを切り替えないこと

カナガンキャットフードの販売ページにもありますが、今すでに使っているフードがある場合は、今まで食べていたフードにカナガンをちょっとずつ混ぜていきます。

 

最低でも7日間はかけて徐々に慣らす必要があるため、いきなり変えるのはよくないです。栄養がギュッと詰まったフードなので、急に切り替わると体長不良などの原因になりますよ。

1日目は、カナガンを25%、もとのフード75%の比率で、3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%カナガンを与えるようにしましょう。

※公式サイトより引用

一応これも目安ということで、やっぱり猫さんの体質や相性などによってフードを変えたばかりの時にはお腹を壊すこともあります。

 

与える量に注意!

カナガンキャットフードはたくさんの肉が使われており栄養が豊富です。その為、一般的なキャットフードよりも一度に与える食事の量が少なく設定されています。

 

  • 2ヶ月以下 20〜30
  • 2〜4ヶ月 30〜55
  • 4〜6ヶ月 55〜75
  • 6〜12ヶ月 75〜

子猫の場合はこれが食事の目安で、できるだけ最低量から初めて慣れさせてあげましょう。たくさん食べるからといって急に与えすぎると栄養の摂りすぎになってしまうかもしれません。

 

カナガンキャットフードには、運動時に関節に負担のかかる猫さんにはぴったりの、サーモンオイルが入っています。

 

子猫のころからこれらの栄養を摂っていれば、関節が強くて怪我知らずの子に育つことを期待できそうですね^^

 

カナガンキャットフードは楽天などで販売されていない為、自分で輸入する以外の購入は、公式サイトからのみです。以下のリンクから直接公式サイトに行くことができます。

 

▼専用の販売ページが開きます▼
カナガンキャットフード販売ページはこちら